BLOG ブログ

かかりつけ歯科医機能強化型診療所とは


あくね歯科クリニックは、長期的な口腔機能の健康をサポートできる歯科医院として、厚生労働省から「かかりつけ歯科医機能強化型診療所(か強診)」に認定されています。

今回は「か強診とは」および「か強診の歯科医院のメリット」についてご紹介いたします。

■かかりつけ歯科医機能強化型診療所(か強診)とは


◎口腔機能全般のサポートを行える歯科医院を評価する国の制度です


かかりつけ歯科医機能強化型診療所とは、むし歯や歯周病の予防・メンテナンスや、食べ物を噛む・飲み込むなどの口腔機能全般のサポートを行える施設基準を満たした歯科医院を認定する、国の制度です。

・安全性の高い歯科医療を提供できる
・定期検診でむし歯や歯周病などの予防を図り、患者様の健康に貢献できる歯科医院である

上記を国に認められた歯科医院がかかりつけ歯科医機能強化型診療所(以下、「か強診」)に認定されます。

あくね歯科クリニックは厚生労働省から、か強診に認定されています。全国の歯科医院のうち、か強診に認定されているのは全体の約10%未満です。

[か強診になるための条件]

・人員体制が充実している
・研修実績を積んだドクターが在籍している
・歯を長持ちさせる治療の実績がある
・徹底した衛生管理を行っている
・緊急時も対応できる設備や機器を整備している
・地域医療機関との連携を行っている

■か強診の歯科医院のメリット


◎保険診療でむし歯や歯周病予防を強化できます


か強診に認定された歯科医院には、以下の3つのメリットがあります。

①毎月、保険でフッ素塗布を受けられます


通常、成人の患者様に行う、むし歯予防のためのフッ素塗布は自費となります。

か強診に認定された歯科医院の場合、むし歯予防のためのフッ素塗布を毎月、保険で受けられます(エナメル質初期う蝕管理)。

②歯周病予防のための保険診療を最大で毎月、受けられます


通常、歯周病予防のための保険診療は3か月に1回という制限があります。

か強診に認定された歯科医院の場合、歯周病予防のための歯周病安定期治療(SPT)を最大で毎月、保険で受けられます(※)。

(※)最大で1か月です。患者様や歯周病の状態によっては
2か月や3か月に1回の場合もあります。


■治療中心型から「予防管理型」歯科医院へ

 

◎治療だけの時代から予防を重視する時代へ


これまで、国の保険制度では治療にのみ保険が適用され、予防には保険が適用されませんでした。現在もこの姿勢は変わってはいませんが、か強診制度により、国がこれまでの「治療中心型」の歯科医療から「予防管理型(むし歯や歯周病を予防処置で未然に防ぐ)」にシフトしていることがうかがえます。

◎むし歯や歯周病を未然に防ぐことが大切


歯や歯ぐき、あごの骨など、口腔機能の健康をより長く保つためには、むし歯や歯周病にかからないようにする予防処置が欠かせません。

「歯が痛くなったら歯科医院に行く」のではなく、「歯や口腔機能に異常が起きる前に歯科医院で予防処置を受け、むし歯や歯周病を未然に防ぐ」ことが大切です。毎日の歯磨きに加えて、歯科医院で定期検診およびメンテナンス(お口のクリーニングやSPTなど)を受けることで歯の寿命の延伸につながります。

【長くお付き合いいただける「かかりつけ歯科医院」として】


あくね歯科クリニックは予防を重視する歯科医院です。「むし歯や痛い部分を治して終わり」という診療は行いません。予防歯科を中心に本当に必要な歯科治療のみを行い、患者様の歯やお口の健康を全力でサポートいたします。

歯やお口のお悩みがありましたら、当院までお気軽にご相談ください。


あくね歯科クリニック
院長
阿久根 竜大


⇒院長の経歴はこちら