BLOG ブログ

インプラント治療の流れ


今回は、あくね歯科のインプラント治療の流れのご紹介です。カウンセリングから人工歯の装着までを順番にご説明します。

治療期間は患者様や症例によって異なりますが、おおむね、3~6か月間程度でインプラント治療が終了します。

■あくね歯科のインプラント治療の流れ


①無料相談・初診予約
②精密検査・診断
③治療計画の立案
④手術前のカウンセリング
⑤ガイドステント作成
⑥インプラント埋入手術(1回目の手術)
~治癒期間(1回目:1.5~3か月間程度)~
⑦アバットメント装着手術(2回目の手術)
~治癒期間(2回目:2~4週間程度)~
⑧人工歯装着
⑨定期メンテナンス


①無料相談・初診予約


無料相談は、メールで行っております。ご来院での相談は、歯科医師が患者様のお悩みや疑問、ご要望をおうかがいし、インプラント治療の内容やメリット・デメリットについてご説明させていただきます。

ご来院いただくことで、メールやお電話ではわからない患者様のお口の中を確認でき、患者様のご要望に合った治療方法の提案が可能となります。ご来院での相談は、CT撮影および診査診断は、無料で行いますが、初診時にかかる費用が必要となりますので、予めご了承ください。他の検査やレントゲン撮影も行うため、3,000円程費用が必要になります。

②診査(診察および精密検査)・診断


CTスキャンを行い、顎の骨量や骨密度を詳細に計測します。検査ではむし歯や歯周病の有無など、患者様の口腔内の状態をチェックするほか、糖尿病や骨粗しょう症などの病気の既往歴があるかも詳しくおうかがいします。むし歯や歯周病がある場合には先にお口の病気を治した後、インプラント治療を行います。合わせて、患者様の歯型を取り、インプラントを入れた場合の噛み合わせについて確認を行います。

診断後、治療にご同意いただけましたら、治療計画の立案に入ります。なお、検査後はすぐに治療にご同意いただかなくてもかまいません。費用や患者様ご本人の心のご準備などもありますので、後日、お答えいただくことも可能です。

③治療計画の立案


精密検査および診断で得られたデータをもとにシミュレーションを行い、治療計画を立案します。手術前に綿密なシミュレーションを行うことで正確なインプラント治療が可能となり、手術中に起きる事故のリスクを低減できます。

④手術前のカウンセリング


診断結果および治療計画を患者様にご説明します。具体的な治療期間や費用についてもお伝えします。手術前のカウンセリングは診療時間外に、1日1名限定で丁寧に行います。患者様のご不安や疑問に歯科医師が直接お答えし、患者様が安心して手術に臨めるようサポートいたします。手術に対する恐怖心が強い患者様には静脈内鎮静法(※)によるインプラント治療をご案内させていただきます。

(※)手術前に鎮静効果のあるお薬を患者様の静脈内に注入する麻酔法です。
静脈内鎮静法を行うことでウトウトとうたた寝をしているような
リラックスした状態で手術をお受けいただけます(別途、費用が必要となります)。



⑤ガイドステント作製


必要に応じ、インプラント手術時に使用するガイドステントを作製します。ガイドステントを使うことでインプラント体を埋め入れる位置や方向、深さを特定できます。錯覚を起こしやすい人間の眼をガイドステントが的確に補助するため安全性が高まり、正確なインプラント治療が可能となります。

⑥インプラント埋入手術(1回目の手術)


インプラント体(人工の歯根)を顎の骨に埋め入れる手術を行います。感染症を防ぐため、手術は滅菌されたオペ室で行われます。

~治癒期間(1回目:1.5~3か月間程度)~

1回目の手術後、インプラント体が顎の骨としっかり結合するまで1.5~3か月間程度の治癒期間を置きます。

⑦アバットメント装着手術(2回目の手術)


埋め入れたインプラント体が顎の骨と結合したことが確認できたら、2回目の手術を行います。2回目の手術では埋め入れたインプラント体に人工歯の土台となるアバットメント(連結部品)を装着します。このとき装着するアバットメントは仮のアバットメントとなります。

~治癒期間(2回目:2~4週間程度)~

2回目の手術後、切開した歯ぐきが治るまで2~4週間程度の治癒期間を置きます。

⑧人工歯装着


歯ぐきの治癒が確認できたら、仮のアバットメントを外して最終的なアバットメント(本アバットメント)をインプラント体に装着します。歯ぐきの切開などの手術は行いません。本アバットメントを装着後は人工歯の型取りを行い、本歯となる人工歯を作製します。

最後に、本歯の人工歯を本アバットメントに装着し、インプラント治療が完了となります。

⑨定期メンテナンス


インプラントを長持ちさせるためには、患者様がご自身で行う毎日の歯磨きおよび歯科医院で受ける定期メンテナンスが必須となります。あくね歯科では、インプラント治療を受けた患者様に3か月に1回程度の定期メンテナンスを行っています。
定期メンテナンスを行わない場合は、保証の対象外となります。

定期メンテナンスではインプラントおよびお口の状態(噛み合わせ、むし歯や歯周病の有無)を確認し、インプラント周辺やお口全体のクリーニングを行います。定期メンテナンスは、治療後に起きる可能性があるインプラント周囲炎などの歯周組織の病気を予防する役割もあります。

インプラントの寿命を延ばすため、そして、お口の病気を防ぐためにも、治療後は毎日しっかりと歯磨きを行い、合わせて、歯科医院で定期メンテナンスを受けるようにしましょう。

【歯のお悩みは当院までお気軽にご相談ください】


当院のインプラント治療の流れについてご説明をさせていただきました。

あくね歯科ではすべてのインプラント手術は院長である私自身が担当します。手術に際しては正確なインプラント治療をご提供できるよう、手術前の診断、治療計画の立案およびシミュレーションを入念に行っています。手術中、手術後の感染対策も徹底しております。

「歯がなくて困っている」「入れ歯が合わない」「ブリッジをした歯が傷んできた」など、歯のお悩みがある方は当院までお気軽にご相談ください。

あくね歯科クリニック
院長
阿久根 竜大


⇒院長の経歴はこちら