BLOG ブログ

CT検査が必要な理由



あくね歯科クリニックでは、インプラント、矯正、むし歯治療(根管治療)など、歯科治療全般にわたり、歯科用CTを用いて精密検査を行っています。


■歯科治療でCT検査が必要な理由


◎CTは患部を立体的に撮影できます

従来のレントゲンは患部を平面的(2D:縦と横)にしか撮影できません。平面的な情報しか得られないため、レントゲンを使った治療では画像に写らない奥行きなどの情報は歯科医師が勘と経験で予測するしかありませんでした。

一方、CTは患部を立体的(3D:縦、横、奥行き)に撮影できます。レントゲンではわからない奥行きの画像を詳細に得られるため、CTを使うことで、歯科医師の勘や経験のみに頼らない精密な治療が可能になります。


◎骨密度の測定も可能

CTは骨密度も測定可能です。CTで顎の骨(歯槽骨や顎骨)を撮影することで骨密度を測定でき、患者様の顎の骨の状態を詳細に確認できます。


■こんな場面でCTが役立ちます


CTを使うことで、歯科治療の安全性や正確性を高められます。

◎むし歯治療

根管治療を行う場合、CTを使うことで複雑な形状の根管や歯の神経の状態を詳細に確認できます。レントゲンでは得られなかった奥行き部分にある根管を確認できるため細菌の取り残しを防ぎやすくなり、根管治療の成功率が高まります。


◎親知らずの抜歯

親知らずの抜歯では顎の中を走る神経や血管を傷つけないように注意する必要があります。CT検査により顎の中の神経や血管の位置を正確に把握することで、抜歯時に神経や血管を傷つけるリスクを低減できます。


◎歯科矯正

歯科矯正は矯正装置を用い、力をかけて歯を動かします。安全に矯正を行うには治療前に患者様の顎の骨の状態を入念に確認しておくことが重要です。

矯正開始前の精密検査でCTを用いることで顎の骨の形状や骨密度を正確に把握でき、矯正治療の安全性を高められます。


◎インプラント

インプラントはフィクスチャーを顎の骨に埋め入れるため、治療前には患者様の顎の骨の厚みや幅、骨密度を確認しておく必要があります。

インプラントの手術前にCT検査を行うことで顎の骨の厚みや幅、骨密度を詳細に確認でき、安全で正確性の高い治療につながります。


【より安全・より正確な歯科治療を行うために】


あくね歯科クリニックではCTをはじめとして、以下のさまざまな精密機器を導入しています。

・歯科用CT
・DACユニバーサル(高性能洗浄機)
・ウォッシャーディスインフェクター(高性能洗浄機)
・高圧蒸気滅菌器
・医療用空気清浄機
・LEDマイクロスコープ
・3D口腔内スキャナー(トリオス)
・CAD/CAMシステム
・ミリングマシーン
・3Dプリンター
・ファーネス
・CO2レーザー
・Er:YAGレーザー
・電気メス
・マイクロルーペ

精密機器を使うことで歯科医師の勘や経験のみに頼らない、安全性と正確性の高い歯科治療をご提供いたします。

歯のお悩みや歯科治療でお困りの方は当院までご相談ください。


あくね歯科クリニック
院長
阿久根 竜大


⇒院長の経歴はこちら